配送現場の悩み

運行管理者の悩み ドライバーが出発するとどこで何をしているのかわからない。 渋滞が発生してるけど、配送先には時間通り着くのかな? 遅延するなら、荷主に連絡しないといけないのに…。 ドライバーの悩み 前の納品先で待機時間が長かったのと、渋滞で遅れそう… 運行管理者に電話しないといけないけど、車も停められない。
ODINの導入で

悩み解決!

運行管理者の悩み解決 渋滞発生!そもそも前の納品先で時間がかかってるな。 画面上ですぐわかる! ドライバーの悩み解決 渋滞発生!遅延しそうでも、電話をしなくていいので楽! スマホを持っているだけ。運転に集中できる!

配送会社へフォーカス

配送業界に特化したシステムです。
配送業で考えられる課題を解決するために開発されています。

2012年からスマートフォンの動態管理を開発・販売

スマートフォンが世に普及し始めた2012年から、スマートフォンを用いた動態管理の開発・販売を行ってきました。

お客様の声を生かし、使いやすいシステムに改良を重ねて今日まで開発を重ねています。技術的ノウハウも蓄積され、他社に先駆けた機能をリリースしています。

導入実績2100社

中小の配送業の方を中心に、フードデリバリー、卸売業、お弁当の配送、サービスメンテナンス、建設業、ゼネコンなど、多くの現場で使われています。

動態管理だけ、配送計画だけ、では実現できない機能

動態管理だけの製品は、現在位置がわかりますが、計画とのずれはわかりません。

配送計画だけの製品は、いったんドライバーが出発してしまうと、進捗がわかりません。ODINは、計画と現場のズレを直感的にわかりやすく表示します。

ドライバーのリアルタイムな情報を、運行管理者が把握

 

計画に対して、遅れが見込まれる場合は、画面上からワンクリックで荷主へメールを送ることができます。

ドライバーは遅延の連絡などをしなくてよくなります。

アプリは操作しなくても納品先に着いたら自動的に納品、と判定します。

トラックとドライバーイメージ

先進の動態管理で、ドライバーの位置情報を見失わない

ドライバーの位置情報を取得するスマートフォンアプリに強みがあります。
下記の機能で、ドライバーのスマホアプリ操作し忘れ、ミスなどを防ぎます。

  • 電源ONで自動的に位置情報を記録開始
  • 曜日・時間で自動的に記録開始
  • ボタンを押し忘れた場合など、遠隔記録開始機能
  • ボタンを押さなくても、納品先に停車していれば「納品中」に自動的に切り替え
運行管理者イメージスマイル

運行管理者が簡単に使える

毎日使う運行管理者に、ストレスなく使ってもらえるように、次のような機能があります。

  • 配送員の現在位置がすぐわかる
  • 配送計画の進捗が、一目でわかる
  • 延着の場合、ワンクリックで荷主に連絡できる
  • 配送計画をすぐ作れる
  • 荷主にもドライバーの現在位置を公開できる(オプション)
  • クラウド上で使えるので、インストール不要。外出先でも管理画面を見ることができる。

今日、何時にどこへ配送に行くか、スマホアプリでわかる。電話もワンタップ。

 

配送先をアプリから検索可能。電話、ナビもワンタップ

 

当日の配送ルートを表示。配送先での注意事項もアプリで閲覧可能。
地図付きのメッセージを送信可能。急に配送先が増えた場合に。ナビ、既読機能あり

 

無料お試し14日間

すべての機能が製品版と同じくお試しいただけます。

私は、テキストブロックです。このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします。ここからはテキストブロックの例文が並びます。テキストを入力する場合これらを消去して入力してください